スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年5月のレポ

今年も半分終わりました。そうですか。
前回のエントリで思い出しちゃいますけど鳥が死んで一ヶ月すぎましたか。そうですか。
やってあげたいことはぜんぶやってあげたから後悔はないんですがやはり生活の何処かが抜け落ちている感がいなめない。たまに鳥かごを振り返りますけどなんもいません。あたりまえ。

泣いてない!たまに悲しくはなるけど。



まだ書いてなかったのですが、人生を楽しくするアイテムを増やしました。
自転車を買いました。ブリジストンのCYLVA F24の赤を買いました。

めっちゃかっけぇ~~~赤か黄色かでめっちゃ悩みましたが赤にして良かったです。というか2015モデルのときは赤なかったので迷いだったんですが一年待ってみればきちんと真っ赤でドストライクなものをリリースしてきやがりくださりました。
スポーティーです。のってる人間がスポーティーじゃないですが。
ドロヨケつけてないこと以外はめちゃんこ調子よくて風になってます。
またニワカなりにどこかに自転車持ちだしてサイクリングしてくるまで帰ったりしたいと思います。

高校生の時から使ってた先代の自転車もまたブリジストンのマークローザ紺でタイヤ2回履きつぶすくらい乗ってたんですが、1回盗まれて本気で落ち込み帰ってきて、2回めはなんか無いな~って思ってたら警察に届いており、3回めはどこにとめたか忘れたしそのまま旅行いってよくわかんないままもう半年くらいたってるので死んだとみなしていいでしょう。

泣いてない!こっちはあんまり悲しくなりません。
そもそも1回目盗まれた時に気持ちの整理つけすぎたのでそれ以降なんかあってもハア?としか思わなかった。
そういう意味では、今の自転車にGPSとかつけたほうが良いかもしれない。でっかいキーチェーンで毎日地球ロックしてますが。



東京に美術館めぐりと例大祭にいってきました。
2,3年ぶりでした。本当はなんとなくパスするつもりでいました。その次の週のデザフェスに行く予定だったので。
が伊藤若冲の展覧会があってそれに行きたい&ツイッターの原稿報告を見るとだんだん行きたい気持ちが強くなってきて気がつけばLCCのチケットを買っていた。
出発する3時間前まで荷造りしない怠け者マンでした。2泊3日もするのに着替えと一眼レフと出先で合うのが確定してる人へのおみやげかってリュックパンパンで大変だった。買った同人誌、どこに入れればいいの……?(トートバッグ買っていれた)
ここが上野公園か~って歩いてたら(西郷隆盛像に挨拶しました。名前を借りてるので)「伊藤若冲120分待ち」っていう文字列と、6列の行列が大蛇みたいになってたのでチケット買うだけ買って尻尾を巻いて逃げて、黒田清輝展をみに行きました。
予定にはなかったけど面白かった!その後東京に就職した友人と再会してもう一度若冲チャレンジしたんですけどあと50分で閉まるのに50分待ちとか言われてウルトラクエスチョンだった…………。結局30分延長したみたいですが。エネーチケーが特番でプロモーションしたおかげで大成功だったようですが、ああ機会があればもう時間に追われずにゆっくり見たい。とても美しかった。
というかそれ以外にも写真展を見まくってたのですが札幌にいるだけじゃ輸送の関係とかで絶対にお目にかかれないものたくさん見れてよかったです。東京で美術館めぐり、覚えた。土地勘も多少ついたので。でも次は、出先で自転車がほしい…歩き過ぎて足がもげるかと思った。

例大祭はゲキチカなホテルとったくせに(※2日前にとったけど逆にキャンセル空きで安く取れた。ハイリスクハイリターン)6時半までぐうぐう寝てたせいで最前列組はのがしましたが10時35分には会場に入っていました。例大祭のカタログを買っただけで読んでなかったので上から下までよんでれば待機の時間もあっちゅーま。
いろんな人の本を買いあさりました。「なんとなく忙しいしいかなくてもいいかな」くらいだったのに買い物してみれば2万弱買い物していた。おっかない。
挨拶言っただけなのに無料でくれた方もいらっしゃいましたしありがとうございました。買った本もらった本ほぼほぼ読んでマンガ表現知識の肥やしにしたいです。

もーちょいかきたいことあるけどつぎかく。
スポンサーサイト

あっという間の日々は続く

~なんだか自宅のキーボードの感触が懐かしすぎる~

「文章でも絵でも写真でも屏風でも陶芸でも壁画でもいいんです。このブログみたいに「あのとき●歳のわたしはこれくらいひねくれていてあれにめっちゃ興味があってこれにわざわざ時間をかけてこうした」的な座標が形としてほしいわけです。」

たしかに私は年末にこういった。しかしそれは決意を新たにしただけであり行動はしなかった。そういうことです。
自分好き好きばかやろうだから誕生日の日にブログ書こうと思った(毎年書いてる)けどかきませんでした。
かけなかったから?書かなかったから?かくことがなかったから?わからないです。特別に言葉をねりねりしてまで感想を言うほどの1年じゃなかったとは思います。いや忘れてるだけなんでしょう。ただでさえなんとなーく忙しくて細かいこと覚えてられないのに、一瞬一瞬の感受性の低下こそがつまらん大人へ着々と電磁誘導されてるかんじもします。ああ。
ワープアなのは事実だとして、生活に疲れてる人間にだけはなりたくない。

そんなわけで23歳になってました。ひさびさの素数年齢です。
私はこのブログを15歳くらいからやってて一回恥ずかしすぎて2年分の記事をぶっ飛ばしたんですがそーやって考えるとずいぶん長い時間がたった感ありますね。なーにが17歳になりました。だボケ

やはり無視しきれないのがはたらいて一年たったこと。なれたし、新しい技術も身につけたし、学生よりは金があるからほしいものも買ってるけど、心のキンタマ(最近バズりがちなツイッターでみつけたブロガーがそういってた)をじっくり潰されてる感じはある。
ミクロな毎日に反応しない。とりあえず今日はねておこうか、みたいな。よくある表現ですが毎日の積み重ねが人生なのにね。
中途半端に仕事が好き(※仕事「は」好き)なので一生懸命エネルギーを使ってしまってくたくたになる毎日。
そんなに頑張ったってもらえるお金増えるわけじゃないしVS技術を磨けの間で揺れる毎日。楽しいけどこれにひゃくぱー時間割くのもちょっとあほくせーなーとおもいつつ。

そんなわけで若いと言われるうちの座標は打ちましょう。ツイッターにどっぷりはまってると10代でおっさんを自称したり中学生の神絵師がいたり昔テレビで見たで12歳でカードゲームの会社を作った外国の子供とか思い出して20代は若くないのか…?ってなりますけどぜんぜん若いですよね。一途で目標を一回決めたらエネルギーがすごい自分のことなんらかのメディアで焼き付けておいたほうがいいにきまっている。
ツイッターで瞬間的なこと入ってるけど見返しづらいからずるい。履歴になってない。
23歳の目標はそれにしましょーか。一瞬一瞬やきつけるような日々を送ること。(思いつき)
もう2ヶ月たってるけど。





そんなわけで本題ですが。家でかってた鳥が亡くなりまして。11歳半でした。

(言った矢先こういうショックがおきたときにしかブログに帰ってこないからブログの更新期間があくのだよ)

家に帰ったら死んでて心臓飛び上がりました。
小学6年のとき(小学校6年のとき!!!!時の流れやばいな!!!!!!!)にヨボヨボ雛を買ってショップで紙箱にいれてもらって帰る車の中で覗き穴から真っ黒おめめと目があったのがなつかしすぎる。

晩年は足が悪くて手に乗せても足が冷たくてどうすっかなーと思ってたとこでした。
ま~まずはおつかれ!!!です。セキセイインコで11歳半って。普通に長寿すぎる。9歳すぎてからずっとジジイって呼んでましたし。認めてなかったから覚えなかったけど。おしゃべり下手だったけど。水道をひねる音とか父親のおっさんすぎるくしゃみとか、そういう効果音しか覚えなかったけど。
家族とも話したんですけど、こーしとけばよかったなーみたいな後悔がまじでなんにもない鳥でした。全う。
インターネッツにもたまにあげてたので、顔の見えない人からもかわいがられてたなんて幸せもんです。

11年半鳥がいる生活だったからスパっと気持ちを切り替えて生きていくのは難しいでしょう。いつもだったらここで鳥が喋ったり飛んできたりするわってところでこなくてそこで思い出したりするでしょうが、なんとかやっていきます。
うちのトリイヌは最高っていうことで。

振り返るほどの人生を


振り返り記事というのは毎年自分のためにかいてるんですが「記事をつくるほどの充実した一年だろうか」と考えたときに今までで最も素直にイエス!といえない1年でしたわ。ぶんぶんありがとうございました的な記事も書こうと重いながらパソコンを新調のため解体、新品マザボ不調のため2ヶ月頓挫でここ数ヶ月はろくに机の前に座っておらず睡眠をとるだけために家に帰る日々。なにがおまえをそこまで落ちぶれさせたのか。大反省しやがれください。

ということであまり更新もしていなかったので生存確認ツールのツイッターでどういう1年だったのか改めて書き起こします。


1~3月(まだ学生だった)
開幕発熱。インフルエンザではないが体温が平熱より0.5~1度高い状態が10日続く。普通の人よりちょっーーとだけ体を動かしていた自信があったけどこれによりありとあらゆる筋肉がなまる。これにより遊びたい人と一切遊べず心残りのある1年のスタートを切る。
体調しねと言いながらイベントに向けて絵を描いている。
車両系建設機械運搬作業免許を取得(自分の意志はゼロ)
バイト代をほぼぜんぶ印刷代にあてて神居祭に参加。燃え尽きる。


4~6月(社会人になる)
コチコチに緊張しながら働く。自分の得意分野まかされ気味だからたのしい。この気持ちはまだそんなに変わってないです。やなこともあるけれど。ツイッターで3日以上同じ感情が続けばそれはあなたの本当の気持ちだっていうのが流れてきたことがありますが、いまんとこ寝ても覚めても理不尽さにキレてることはないので…。
尻ポケットにいれてたiPhoneをトイレに落として死にそうになる。GW前なので連絡がつかずすっぽかしてしまった約束事も何個か…。
めっぱがでたり咳したりしてたので心労があったんだとおもう。
仕事で沖縄にいったのはまーまー楽しかったな~。
時系列で古いからかはわからないけど、オフでなにかした記憶がないです。たぶんどこにも行ってなかったし、なにもしてなかったと思う。
インサイドヘッドをみる。歌川国芳を見る。


7~9月
1年通して「あの仕事はクソだったなあ…」とおもえるナンバーワンの案件をかかえていて夢に出るほど病む。当たり散らして好感度をマイナスまで下げる。
物をつくらん人からの指示の雑さに辟易とする。
お盆休みを利用して車中泊しながらの道内の旅に出かける。知らないものを知りに行く。
寝てる間に舌をかんだり、2時間ごとにトイレにいったりしてたから心労があったと思う。
寿都、旭川、層雲峡、摩周湖、野付半島、根室、釧路に行く。野付半島は曇りすぎてて微妙だったけど猛禽がナチュラルに飛んでたことと、地図通りの地形しててああきて良かったって思った思い出。あと積丹にも行きました。
この辺からハートが潰え始める。
仕事でとった写真をぜんぶきれいに消してしまって自害を決意する。(してない)

まーーーーーーた自転車が盗まれたのですが、数年前に初めて盗まれたときに比べてすごく冷めている自分にびっくりした。なくなってせいせいした、くらいに。初めて盗まれたときはすごく好きだった人が家を出て行ってしまった並に悲しい気持ちだったはずなんだけど。春先になっても帰ってこなくて結構です。


10~12月
文々。新聞友の会に参加する。締め切りでヒイヒイ言う。
自分の作りたいものを作るがあんまり手にとってもらえず、燃え尽きたのもあってしばらくペンを持たなくなる。
程なくしてPCを新しくしたいなあと思いいろんなパーツを買って付け替えていくも、配線は間違ってないのにディスプレイに映らない問題(今思えば、第6世代のCPUなのにDDR3に固執していたからかもしれない…)が意味不明すぎてお手上げ状態。
寒くなってきて日照時間不足と燃え尽き症候群によりなにもできないまま丸2ヶ月が経過する。
モンハン発売により生産的なことを一切やめる。
人がしゃべりきる前にかぶせてしゃべる人のことが本気で許せなくて死んだりしていたが、この人大事にされたことないんだろうなあと思うことにより克服しました。
個人的に結婚式の撮影の依頼がきてはっきり言って完璧に仕事をこなし楽しさを感じたりしてました。
登別にいったり有珠山ロープウェイに初めて上ったり。
初めて会った人(泥酔してる)(※叔父の知り合い)が君ってああだよねこうだよね分かるよとずけずけと言い出してきて、ただの酔っ払いなんだけどしばらく気にしていました。
京都で琳派の展示をみたのと、フェルメールを見たのが心に残っている。



こんなかんじでした。

つーまーり一言で言ってしまうなら「仕事が始まったことによるライフスタイルの変化に適応するので精一杯の一年」だった気がします。しかもどっちかというと「仕事以外なんもしねえ!」的な方向で癖が付き気味なのでサー大変ですわ。

基本体力がないと勝負時に力がなくなってあきらめるし、笑いたいときに笑えないし眠りたいときに眠れないよ、長い目で見ればみんな僕と々分しか笑えてないのかな~だし、ユーモアがないとなんもおもしろくないし、睡眠の質を上げないと休みの日一ミリも動けないし、第一仕事のこと考えすぎだし、仕事のこと考えても生産的な考えるじゃなくて「あの人はあのときこういった」みたいな自分が可愛いだけの内面に興味があるだけの考え事だし、金はそりゃ学生の時よりはもらえてるけどいいとこの新卒に比べたら気絶するほど低いし金もなければ心も貧しいのかおまえは!という感じですし。

ボヤボヤしているとあっというまにジーババになって死にますから、自分をもっと充実させるために意識的に動かなければな~と大反省の一年だったわけです。
せっかく制作系の仕事してるわけですし、仕事のためにも自分のためにも感受性を磨いて日々思っていることをソシャゲのデイリーガチャくらいの頻度でかたちにしていかないと本気でこのまま腐る!!!!!!と思いました。文章でも絵でも写真でも屏風でも陶芸でも壁画でもいいんです。このブログみたいに「あのとき●歳のわたしはこれくらいひねくれていてあれにめっちゃ興味があってこれにわざわざ時間をかけてこうした」的な座標が形としてほしいわけです。

そんなわけなんで来年はもう少しすすけた心をどうにかしていこうと思いました。こんなことがいえるのも仕事が降りかかってこない年末だからです。貴重な20代仕事につぎ込んでたら終わりましたーはいやなんじゃ~


ちなみに仕事して気づいたのは「自分って意外とくそ真面目なんだなー」ってことと「どう頑張ってもひねくれていてダウナー人間なんだな」ってのと「嘘をつけないせいでムラハチにされがち」だなあってことです。自分の内面にしか興味がない?大正解!


aaaaaa.jpg



ハートが潰えたので絵もかかない日ばっかりでした。何度もブログに書いたことがありますが「絵を描くための理由も、世界観も、教養も足りなさすぎる」んですよ。絵描いてまで、写真撮ってまで言いたいことってなんだろう?ってなってしまって、ネットをみればべつに頼まれてないのに絵を描く人であふれていて。
なになにのジャケット描きましたとかなんとか合同に寄稿しましたとかどこだかのキャラクターを担当しましたとか。
ネットの海はすごい人が両手両足じゃ数え切れないくらいそれも上手い具合におのおの個性を発揮していて「こんなにいっぱいいるなら私絵描かなくてもよくねー?!」ととうとう思い始めたのもひとつ。

しかしつい3日前にみてきたフェルメールは20代半ばまで自分のスタイルが見つけられなかったという解説パネルがあって「おわーーーー私と同じだーーーー!!」と勝手に興奮しておりました。あっこれでいいのかもとちょっと気が楽になりました。悪い趣味を信じて頑張るしかね~。


来年の目標

【行く】編
稚内方面とえりも岬方面制覇
ディマジオ美術館にいく
野付半島で星を見る
デザフェスに行く
自分の名字の町に行く

【作る】編
せめてものマンスリーお絵描き
iPhoneでもいいから写真を撮る
同人イベントに出る

【買う】編
100mm単か16-35購入
新しい自転車を買う

【インプット】編
映画読書合計100本

いうだけならば、ただなんです。
田舎者なりにドラマチックに生きたいな~。

さがさないでくださいごっこ

8.13~から17くらいまで道東への旅してました。軽トラックで。1500km走りました。

富良野・美瑛・旭川・層雲峡・北見・摩周湖・根室・釧路・帯広・かえってくる、といったかんじです。
乾電池をたんまり用意してアウトドアスピーカーで死ぬほど好きな音楽を聴きながらぷらぷらする旅です。たぶんクルマを流せればどこだってよかったんだと思います。
荷台に適当に服つめこんだトランク以外と財布だけもって朝五時に出発した時さいこうにきもちよかった。
旭川の友人にラーメン紹介してもらって相変わらずこの人は自分のことしか話さないなあとおもったりした。
層雲峡のしょっぼい花火見てこれ逃すと夏おわるなあと感じた。
層雲峡に更に奥深くに「紅葉滝」とあってたぶん最高の滝だしいってみたいとおもったけど歩く準備してなかったし必ず熊鈴ならしてくださいとか書いてあってびびっていかなかった。いつかいく…いつか…必ず。
摩周湖のユースホステルにとまってオーナーさんとべらべら喋ってみたり相部屋のひとのいびきがうるさい中北斗の拳読んだりするなどした。
朝5時におきたから朝焼け見るがてらそのまんまチェックアウトしたもんだから行きたかった養老牛温泉にどうしても時間が潰せなくて泣く泣く諦めた。
野付半島を通ってみて地球を感じたりした。ワシがいた。かれた木が有名らしいがあれがトドワラか…というかんじ。
根室までいって北方領土が見えるはずの海岸にいったりあまりにも寒すぎて北方領土が帰ってくるまで消しませんっていう火で暖を取ったりした。
浜中町でルパン三世の作者が出身だからそういうグッズが売ってたりして意味もなく欲しくなった。
命からがら釧路についたけどあまりの寒さにユニクロで長袖を買った。
海沿いの道の駅で車中泊したが夜中の3時から寒すぎて寝れなくて大変だった。(このへんからあーなんかかえりてーわってなる)
朝六時からやってる温泉でほかって例の勝手丼で朝ごはんを食べてもう一度道の駅につくが眠すぎて9時まで寝てその後は休憩しながら札幌まで戻ってきた。

しゃしんをあとでついかする。

0802

ほんと、小さ~い街でくたくたに働いてくすぶるために生まれてきたわけじゃないっていう気持ちは日に日に強くなりますね。

記録150729

またしても、熱。働き始めてからはじめての本格的な体調不良。最近ふつうの丈夫な人って1年連続で風邪を引かないのは余裕なんだということに気づいてああ私は丈夫じゃないんだなと改めて気付かされる。どうせまた1週間位つづくのでしょうね。

夏の風邪ってだまってても汗がだらだらでてきてめんどくさい。というか私の部屋の空気の周りがわるすぎて扇風機回しておけばいいとかそういう問題ではない。雨は入ってくるくせに風は入ってこない。

150713星がほしい
150726.jpg

もうずっと前からいっているかもしれませんが絵をかく根拠とか動機とか世界観とか教養がたりなさすぎる。
小さい頃から絵をかくのがすきだったかもしれないけれど、絵をかくことに熱中してしまってへんなタイミングでサブカルに足をつっこんでしまってすごい狭い世界に生きているかんじがして出る想像もでないなあってかんじです。もちろん東方とかそれを通して出会えた人とか他のコンテンツには感謝しているんですけど…。もっとインプットしたい。
私にとってのインプットはウィキペディアジャンプしまくることかもしれないし、紀伊國屋にいって本を買いあさりまくることかもしれないし、なんか映画みにいって本編やるまえにやってる予告で次に見る映画をきめることかもしれないし、ドライブですきなところにいって好きな音楽をききまくって空が綺麗だとか風を肌で感じておいしいものをたべることかもしれないです。どれかはわからないです。ほんと、おとなになってからの勉強って広すぎてわかんないわ。お山の大将にはなりたくないけれどなにからすればいいかもわかんない、そんなかんじです。
最近きになってることで勉強しがいのありそうなこととしては、光ってほんとなにもんなんだろーなとは思ってるんですけどさすがに中学で理数を諦めた人間が急に量子力学やるのもなあってかんじです。そもそも量子力学って光の研究だってことウィキペディアで知ったし、量子力学と理数が関係有るのかどうかもわからない(想像でモノをゆっただけなので)。それにしても、高校を卒業してから気になったり美しいとおもったり社会に適応するために大事だと感じる物事にはほぼ数学が絡んでいてちょっと辟易とします。高校の時勉強していればもうすこし理解が進んだのかはわからないです。そんなことゆっても仕方ないのは重々わかってますし、現役の時に興味がなかったのは本当に仕方ないし。第一このブログで高校を卒業したら数学の教科書をわざわざこの手で燃やすことを宣言した記憶があります。ま、燃やさないでちゃんとした方法で捨てたんですけど。

1SP+委託用サークルカットのコピー
文々。新聞友の会に申し込みしました。不備がなければ作りたいもの作って京都まで行ってきます。


こないだラピュタみたんだけどラピュタを面白いと感じる人間でほんとうによかった。いいアニメみたあとにハートがすこしだけもどってくる人間でほんとうによかった。

記録150714



相変わらず10年大事にしたものを手放してても割と平気な自分にむかっ腹が立つ。休みの日は寝てドライブしててきとうに夕焼け見てなんかおいしいもの食べれれば人間はいきていけてしまう。いやもしかしたら究極ドライブすら必要ないのかもしれない。でも美味しいもの食べて寝て仕事するだけの生活って動物との違いを見つけるほうが難しい。

出身高校が学校祭だったもんだからひとりでこっそり遊びに行った。たまにマイナーな道通ってさっさと帰りたいときに学校の前を通るけど中に入るのは3年ぶりだし、まったく変わってなかったけど私の内装の忘れっぷりがすごかった。売店のだささは忘れてなかった。階段のステップ数とか角度はわすれていた。2階が3年生の教室なのを見てそういえば1年の時は4階まで登るの大変だから文句言ってたのを思い出した。すれ違う先生はなんかみたことあるけど名前が一切出てこなかった。なんか見たことある先生を捕まえてきいてみれば私の元担任は図書局の人になっていた。図書室ってどこでしたっけときいたら笑われた…。在学中ほぼほぼ入ったことなかった気がする。
しかし結局図書室にはいなく昔と同じ職員室にいたのであった。とりあえずまっとうに働いていますと報告できたのでオッケー。

あと会社に数百人いればしらんけどはなっから私の事嫌いな人とか妙に辛く当たってくるひとっているよなーということを親に相談したらわたしはおんなじエリアで26人働いてるけど25人きらいだよとか冗談ぬかしたのでまーまーげんきでました。こんな小娘嫌いになることに時間使ってるなんてよっぽど私の事好きなんですよ。

記録2015.6

日付がいつかわからないけど、後日談
アイフォンは結局保険にはいっていた。先代のアイポッドタッチを割ったことがトラウマだったらしくしっかり保険に入っていた。死んでしまったアイフォンをシリカゲルにつっこんでGWアイフォンを所持しているという記憶を全て忘れ仕事に取り組んだ。いろんな忙しい物が終わったころに再び出してみると一応息を吹き返した。でも熱い性格に変わっていた(※ずっと使うとあつくなる)し9000円くらいはらってさっさと変えてもらうことに。5S自体が古いからか、私の過剰な期待値が間違ってるのかはしらないけどおまえ本当に新品なのか?ってくらいバッテリーの持ちが悪い。さっそく落とすだのシールはるだのでかわいがっている。

5.30-5.31
おきまりのドラゴンゲート観戦へ。あいかわらず楽しんだ。テイセンホールがなくなるのでひたすらに悲しい。つぎはどこでやるのか検討もつかないけどテイセン以上にアクセスがいいところではぜったいにないんだろうなー。一緒に見に行った友達にチケット代のかわりに焼肉おごってくれと山賊のようなことをしていいだけ食べたら一人あたりの金額がだいたいチケット代とちょんちょんだったのでびびったのが記憶に残っている。Tシャツも買ってるのでずいぶん財布の景気がいい。

6.1-6.18
仕事がめちゃめちゃ忙しい。

6.11
歌川国芳展を見に、いくはずだった。いや結論からいうと行った。
あしたは国芳展だーとか思いながら仕事から帰ったら田舎のじいさんが倒れて入院した(らしい)とかいう報告であしたはそれの見舞いにいかなきゃいけないと夜の辞典で休みが潰れるフラグ。仕方ないとはいえ真剣に落ち込む。そして現地にいる父からのメールには「死ぬかもしれない」とか不確定すぎる情報しかはいってこなくわけわからんまま寝て5時おきでカーチャンと室蘭へ。結果、大したこと無いけど手術は必要で手術でたまにくたばる人がいるから「死ぬかもしれない」だった。父のいかにも寝れてないですみたいな顔が印象的。病院のベッドでよこたわってるじいさんを挟んで行われる相続とかの簡単でハイスピードなお話を眺めていると死ぬならそれはそれで、と身内の皆さんは思っているのがなんとなくわかってきてなんとなーく煤けた気持ちになった。
昼に手術ですが夜になりましたとなって(勝手なイメージだけど要するにそんなに急ぎじゃないんだと思う)やっとのことで開放されて、しゃーないので70、80年台のロック聴きながらドライブのように帰って帰り際に国芳展をみた。一番観たい絵がみれたので行った甲斐があった。が非常にくたびれた。

6.下旬-3日間
仕事で南の島へ。ほぼほぼあごあしつき。連れて行ってもらえる理由はいろいろあるけど新人だから、行ったこと無いから、運転できるからってところでしょうか。ペーパーじゃなくてよかったと心から思った。まあ沖縄に特別なあこがれはないんだけど。
出発当日は始発で。住んでいる場所が場所なのでいつか仕事で始発に乗ったりするんじゃないかと思っていたけどまさかこんなに早く始発のカードを切るとは思わなかった。
沖縄の感想は知ってたけどとにかく暑い。飛行機を降りた瞬間にサウナとドアを間違えたんだとおもった。気が利くようにレンタカーの冷房が強烈。その辺に生えてる街路樹がめっちゃ南国。すぐ雨降る。海大しけ。まっさきに体調悪くなる私。きれいな海に汚(ry あとウミヘビみました。たぶんレアです。

6.24
なんのために生まれてきたのかわからなくなる。って書くとスーパー中二病?なのでわかりやすく書くと仕事して飯食って寝るために生まれてきたわけじゃねえボケナス!ってなる。この2ヶ月でハートのエースをなくしてしまったことを悔やむ。自分が同人絵を書いていたことをおもいだす。そういえばイベントにでたいわたしもどこかにいってしまったなとおもいだす。めちゃめちゃになっていた部屋を片付ける。渋っていた文々。新聞に申し込む。サクカは、これから書く…。

べつにこのまんま絵かくのなんとなくフェードアウトしたっていいんだけどときどき夢から覚めたみたいに思い出すし、十年くらい大事にしてるものなんとなくで手放しちゃいけないとおもうんですよね。

水に流してわすれろ

アイフォンを水没させました。この手で殺しました。

トイレはいった瞬間に尻ポケットからおちていました。よりによってトイレに落としました。トイレに携帯を落とすなんてよっぽどのやけ酒泥酔嘔吐野郎しかいないとおもっていたので仕事中に職場でシラフでやったっていうのが信じられないです。肥溜めにゲンナマ3万落としたほうがまだあきらめがききます。

アホほど冷静に拾ってくそみたいに冷静に仕事してその足で落ち着いてアップルストアにいったらゴールデンウィークあほみたいに混んでるから社畜はGWおわってからきてねとかいうロボットみたいに冷たく言われてがっくり肩を落として帰りました。夜のぽろさつに静かに涙を落としました。というかあんなにノットヒューマンな対応するなら勝手に自分でやるからアイパッド適当な台に設置しておいて欲しいですほんと。人を介するだけ無駄なやりとりでした。ねぎらいの言葉を期待した私がバカでした。

つぎのひもエーユーいったら父の名義で登録してるから父つれてこないと何も教えられませんの一点張りで保険入ってるかどうかの確認もさせてくれませんでした。(まあはいってないんだけどね)
ものの言い方をわからない姉ちゃんにゲキ悪い言葉遣いで応対されてやっぱりねぎらいの言葉もなくて非常に落ち込みました。
世間は水没者に冷たすぎる。

というわけで初任給の貯金分をこんなくそくだらない理由に使う予定でまいってるわけです。

折れるなハート

働いてます。こないだまであのくそなにもできてなかった小娘が。おどろきです。
ケーヤクの関係で3月下旬から働いてました。2ヶ月インターンいってたくせに初日のコチコチの緊張ぶりは岩より固そうでした。
というかその日の朝四時に一回中途覚醒して緊張しすぎにもほどあるなと自分でクソわらいました。昼ごはん食べる頃にあーそういえば私ここで働いたことあったやってこと思い出して自分をやや取り戻したりしてました。

新人研修と称して電話応対のレクチャータイムをめっちゃ厳しいひとからうける機会があってどんなやばい授業くるんだとおもったら教科書のコピーいっしょに読んだだけで逆にびっくりしたりしてました。
知ってたけど電話がきらいすぎて電話を最初に発明したやつをめっちゃ殺したくなったけどもう死んでました。
若干珍しい苗字なのでおはつの方々に読み方を教えるのが面倒くさいのもだいたい終わりました。
じょう氏がたぶん私のことを孫か娘みたいにおもってる部分がきっとあるし定期的におやつくれるのがうけてます。
忙しい一山越えたよお疲れ会兼歓迎会してもらったので存在を歓迎されててよかったです。
いかに服を汚さないでチャリ通勤をするかたくらんでます。まださむい。
アイフォンに書きためたほしい物リストがどっひゃー膨らんでます。
あと一週間でうるわしの給料日です。
休みになってもお金なさすぎなせいでひからびる毎日なのではやくさよならバイバイしたいです。

まだ自己中的な文句以外はないです。上司が無能ってことに気づきたくないのでいつまでもバカでいたいなあとおもいました。

あと通勤するときに白杖もった盲目の人と毎日同じ時間に同じ場所ですれ違うのみてムジュラの仮面思い出したりしてました。あとムジュラクリアしました。
それと絵かきました。

会いたい気持ちも | mo [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=49862493


人生ではじめてまともな背景と光の方向性!働いて寝る私になったせいもあって完成に1ヶ月かかって最後はもうくそしねぼけ早く完成しろってかんじでしたが完成してみたら自分の絵愛おしくてたまらなかった。びっくりした。
@Profile

サイゴウモナカ

Author:サイゴウモナカ
てめえのことばかりかんがえている

@Archive
@Link
十進法バナー(レミリア)
@Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。