スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の汚部屋を笑うな

汚部屋ビフォーアフターコンテスト - ライブドアブログ

突然増えた自分の部屋をどうするか考えているうちにこういうのにたどり着きまして、私最近部屋の掃除してないなやばいってなってほんじつは掃除の日です。
といっても私は自宅の9畳くらいの部屋をどうにかすればいいだけだし、食べ物のクズカスとか虫だったものはほぼないので部屋の汚れ落としてどうこうとかいうより、ひろって捨てて掃除機かければいいのでその点楽でしょうか。ま、それが大変なんだよな。

部屋が汚くなる原因はどうも服を整理整頓するのと落書きした紙をどうにかするのが苦手なようだからです。洗濯からあがってきたなけなしの服でつくられた山をみるととても困ってしまう。ので、細分化させてしまうスキルをみにつけたいです。我々服を買いに行く服がない勢としてもな。
(でもなんだかんだいって体感的には家族の中で父の次に服がおおいっぽいです。これでも。)
コピー用紙に落書きをして一番困ることは、捨てるときに大変ってことです。中学生くらいからまがりなりにお絵かきしてコピー用紙つかっていますが、同じ年数だけ捨てる方法に悩まされています。雑誌と一緒に捨てておりますが人目にふれる度は高いことでしょうおはずかしい。もうここまでくるとごみ収集マンにすら一秒たりとも見られたくありません。フルデジ勢はフォーマットをかけるなりツルハシで真ん中をえいってしたりすれば一瞬だろうしそこはうらやましい。もういっそ個人で燃やそうかな(放火)

はじめたついでに押入れの奥の奥の奥もひっぱりだしてみました。小学中学時代の歴史がつまっていました。
やたら教科書とやりこみしたプリントがあるので自分が思っていたよりは、結果がでなかったわりには勉強していたのかな~というかんじです。
中学生時代のヤバいタイプの黒歴史紙(これもまたコピー用紙)もありましたが、恥ずかしい言い回しをしているだけで言っていること自体は的を得ていてウケまくりです。何度かブログでかきましたが高校時代のブログを非公開どころかぜんぶふっとばしてしまったのをちょびっと後悔しているので、自分が10代のときなに考えてたのか何が好きだったのかをすこし思い出すって意味では今回の掃除は収穫があったように思います。




だがそんなものがあと2箱+αあるっていうなら話は別だわな。

押入れの下、あまりにもきたなくてびびりました。部屋のビフォーアフターみてみてすげ~とか言っている場合ではない。汚部屋は自分のすぐそばにあったんだわ。
しかし逆に言うとここ以外は汚くないのでこれをぶっ潰せばすべておさらばです。これ捨てると押入れの中身なにもなさすぎて逆に困りそうですがな。最後の過去を清算するために戦うことにします。
両者の遺恨、押し入れの奥に極まれり。

http://www.nitori-net.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=8841030
あと、これが欲しくてしょうがない。
スポンサーサイト

100キロ向こうの秘密基地

前回の要するに春が待ち遠しいよ~~っていう内容の記事を書いてから2回雪がふりました。もうかんべんしてくれ~。

で、また星を撮りに行きました。

140409shortweb.jpg

140409_web.jpg

ちょっと前に撮影したところとほぼおなじところで撮りました。
前回との違いは雪がすこし溶けてアングルが下がったことと、真ん中の木に雪が積もっていないことくらいでしょうか。前は地面をちょっと攻めすぎだったので今回は十分に画面に入れて撮ってみました。
いつか北極星をあの針葉樹の真上にあわせてもっとかっこよく撮ってみたいのですがあまりにも暗闇なので近寄るのをちょっとためらいます。
さすが暖かいだけあって、冬に行った時より軽めの装備で行ったのですがだいぶ楽になりました。真冬の時はタイツ+ジーンズ+ウインドブレーカーにヒートテック2枚+ロンT+ふかふかのパーカー+ダウンジャケットのくつした三枚履きで冬靴履いて毛布二枚かぶってもエンジン切った1時間後には寒くて起きたりしてて、今回はだいぶ装備を減らしましたが寒さでは起きませんでした。すげ~。

星空撮影といっても車を運転して場所についたら三脚とレリーズを準備して、カメラを用意してピントを星にむけて、だいたい良いな~とおもったらあとは機械におまかせで明け方まで車の中で寝ているだけなので、もう星撮りにいってんだか車中泊しにいってんだかいまいちわからんです。
それでも気軽に寝れるのは明らかに人いないな~って時だけで結局1時間ごとには目さめますし、高速道路の休憩所から夜景+星を撮影していた時は人通りが多くてカメラぬすまれないかと心配してたらとうとう一睡もできなかったときもあります。それでも楽しいけどね。

今回は月の形が上弦の半分以上出ていたのですが、月の入りが25時だったので行ってきました。2月頃までは満月に近いかそうでないかだけで判断していたのですが月の出・月の入りを考えるとこれまたチャンスが増えるのではないかと思われます。いつか燃料をしこたま積み込んで光害がほぼないところに行ってみたいです。しかしくさっても現代っ子なので暗いところはやっぱり怖いですわ。


もうひとつ。
あたらしく部屋を与えられることになりました。
140411_oheya.png

ばあちゃんちに。

家族の仕事を手伝うことが多くてその都合上ちかくなのでよくおばあちゃんちにも顔をだすことが多いんですけど、よく顔を出すせいで孫の中で一番可愛がられてるっぽいんですけど、まさかお部屋をもらうまでになるとは思いませんでした。
「あんた泊まるとき便利だと思うから、あの部屋あげる」「え?」「だから掃除しな」「あっはい」でほぼ即決だったけど。
汚部屋だけど。
場所によっては床ギシギシいうけど。

10年くらい前、自分がまだ小学生のとき、ここにテレビとゲームを持ち込んでイトコと夜通し遊んだことがあるのですが、そのときにすらタバコのヤニでじゅうたんが汚れていて歩くとちょっとじゅうたんがくっついてきて非常に気持ち悪かった記憶があります。よくそんなところであそんだなわたし。
そのいやな思い出があったのでまんずは引かれていた古臭いじゅうたんをひっぺがしてそれはいらないと告げてからがあの写真です。

カーペットとじゅうたんの境界がくっきり見えるほど埃がたまっています。
面積に対してモノは少なめですが、なにもかも時が止まったかのように古臭いです。
古い家だからいくら先住民が多いにしたって、虫だったものが多すぎます。
ああ~~こうして書くとなんか青ざめるほど汚いかもしれない。いや汚い。

とりあえず掃除機を徹底的にかけて、カーペットを剥がした下はどんな素材なのか(虫がいないか)確認して、壁にかけてあるいらないものはサヨナラして窓に必要なカーテンの寸法を手で測って帰ってきました。高さ140と幅60くらいです。

今思いつくだけのやるべきことは、壁がタバコのヤニで汚れているのでスチーマー的なのを買ってきて本来の壁の色を取り戻すことと、だっせえカーテンとそのレールが部屋の不気味さを加速させているのでその処分と、外れている押入れの扉はいっそ捨ててしまって、くたびれたオフトンの救出とクリーニングに出して(あんなので寝るなら野宿のほうがまし)、黒いソファーが確認できたのでそれが使えそうかどうかの確認です。
ある程度きれいになったら他の部屋からいかにも使ってないテレビを運んで、部屋着とかスーファミとかもっていったりして予算の許す限りいい感じの部屋にしたいとぼんやり考えてます。

ついでに申し上げますと、実家の自室も掃除時。


おまけ

まとめておかないと | MONAKA224 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=42745560

ツイッターにあげたりした1ヶ月ほどのらくがきまとめをピクシブに投稿したんですけど、いろんなキャラクターのタグがついてるせいかやけにのびました。ありがとうございます。
ついでにお気に入られの数も100をこえた気がします。嬉しい。

芽吹きと工期完了を待つ


_MG_1808のコピー

こっちはあと一ヶ月半くらいかね。

あったかいとか車がはまらないから良いとか、雪解けの音で春を感じるとか日が長いとか、自分の名前と縁があるとか自転車に乗れるようになったとか犬の毛が抜けるとか色々あるんですけどたぶん春楽しみだし好きなんだと思います。

ただし花粉、てめえはだめだ。
@Profile

サイゴウモナカ

Author:サイゴウモナカ
てめえのことばかりかんがえている

@Archive
@Link
十進法バナー(レミリア)
@Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。