スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車ありきのご近所めぐり

3月12~から13で悪い友達をつれて旅行にいってきました。

そのこころは、友人の登別に行きたいというぼやきを黙らせるため、わたしの地球岬に対する異常なあこがれや第一印象を終わらせるため、伊達市にあるめっちゃうまいパスタ屋にいくためなどいろいろです。

どうせ車を走らせるならあれもいきたいだとか、それならこっちのルートのほうが通り慣れてるなどとああでもないこうでもないと議論を重ねた結果こういうルートになりました。

140315.png
ほんっっっっとうにひどい地図ですな!道民じゃない人にはぜったい通じない自信があるのでグーグルマップで調べながら照らしあわせてくれるといいと思います。しないのも可。

言葉で説明すると札幌から南下して峠を下りあげいもをたべ羊蹄山を眺め、洞爺湖を通り過ぎ伊達市(室蘭と洞爺の間にあるまち)のパスタを食べて地球岬をながめ登別で一泊、海沿いを走り支笏湖を通り曲がりくねりまくって帰るというルートになりました。この間おおむね300キロ。
私が全部運転しました。1月2月の間星空を撮りたくて車走らせまくっていたとはいえそれは一人の話なので、やっぱり他人を乗せるのはだいぶ責任があるので緊張しました。でも面白かったです。今まで車内は歌ってるだけだったのでね。

各地でデジカメで写真とりましたが取り込むのがくそめんどくさいので(いい写真だったら見せたがるので、たいしてよい出来でもないってことです)アイフォンのパノラマカメラで失礼します。
1403121.jpg
地球岬。おもった通りのきれいさでした。強いて言うなら天気がよくなかったけれど。ほんのわずかですが水平線がカーブしていてそのアールがまた美しかったです。
太陽が西にきれいに傾き始めてたので夕暮れとかで条件が良ければもっともっと絶景になると思われます。運が良かったらイルカもみれるとかみれないとか。攻略しがいのあるポイントです。
ここに向かうときの白鳥大橋もまた巨大で美しかったんですよね。運転中だったけど。

1403131.jpg
地獄谷。登別で一泊した旅館から徒歩圏に会ったので見に行きました。ひたすら硫黄くさくって小学校の修学旅行で行った有珠山を思い出しました。ああ。こんなに寒いのに80度のお湯が吹き出していてもくもくと湯気が上がっておりました。積雪で白のアクセントが増えてそれもまたよしって感じでしょうか。もっともっと奥地にいくと沼地があったりするらしいのですがなんだかめっちゃモチベが低かったのでやめました。しいて言うなら天気が良くなかった。

全体的に天気が良くなかったのですけれど、それもそのはずメンバーに実績のある雨女の友人がいたのでしょうがないねってなりました。

二日目の解散際に他の人間がラウンドワンに行くとさわぎだしてなんというか体力凄いの一言につきます。
わたしは病み上がりのせいか、休憩を入れていない運転のせいなのか、それとも泊まった旅館先で水曜どうでしょうを見ちゃうくらい夜更かししたせいなのかはわからないけれど、とにかくめちゃんこ疲れてたのでリタイアしました。
家に帰ったのが3時くらいで「寝るわ」の宣言を最後にこときれまして、次に起きたのは夜中の1時でした。母親から入っていた「犬の散歩頼む」の意のメールを時間差で読んで役立たずな自分にひとりで悲しくなっておりましたがそれはどうでもいいです。とにかく無事に帰ってきましたとさ。

運転すると、くたびれる。


あ、登別(といえば…?)とか地図にかきましたが、あれには行きませんでした。近くを通ることになったら今度は寄ってみたいとおもいます。
ちなみに泊まってみて気づいたのですが、硫黄っぽい温泉って苦手だなぁと思いました。そしていままできれいな温泉にしか入ったこと無いんだな!と気づきました。きれいな、というのは清潔であるという意味でなく蛇口から出てきたような無色透明のお湯という意味ですね。硫黄っぽい湯質を見てちょっといやだな~と思う自分がいたので。そういうことです。温泉マニアではない。

春休みが終わるまでに摩周湖にいって、夏になったらトマムにいきたい。
道民なんだから北海道を楽しまないとな~。と思うわけです。

支笏湖周辺に鹿がアホみたいにいて、春を感じた。

Comment

Comment Form
公開設定

@Profile

サイゴウモナカ

Author:サイゴウモナカ
てめえのことばかりかんがえている

@Archive
@Link
十進法バナー(レミリア)
@Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。