スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプアップ・アイチケン

名古屋に二泊三日の一人旅をしてかえってきました。ニイサンイチバンだっピ。

名古屋に行くのは半年ぶり二回目です。
今回のメインイベントは名古屋市博物館にある大浮世絵展に行くことでした。
人から浮世絵というワードをきいてから色々調べて雑誌も読んでこの展覧会の存在に辿り着いて、どうしても行きたくてもやもやしていたらスカイマークが座席のバーゲンセールやってたので低予算で行くことが出来ました。やったぜ。

新規キャンバス
気合の入ったウェブデザイン。

1403265.jpg
おそろしく斜め。雨がひどかったです。

当日の朝になってから『ああ〜名古屋まではるばるきたのにすげー大したことなかったらどうしよう……』とか心配しながら地下鉄に揺られていましたが、そんな考えはすぐに払拭されることになりました。まんず展示数がものすごく多いです。まあまあ大きい建物なのにぎゅうぎゅう詰めでとても密度が濃かったです。そして人口密度もぎゅうぎゅうで凄かった。平日の雨の日なのに……。

作品のサイズ感だとか、部作をならべてみたらこう見えるだとか、教科書や雑誌に載ってるだけじゃわからないこと、現物を真剣にみないとわからない細かいデティールとかをしっかり観察してきました。
柄が多い和服をシワに合わせてきちんと歪ませて描かれているところとか、障子の線がぜんぶ直線できれいな線なことだとかに感動していました。こめかみあたりの生え際の細かさとかもすごい好きです。遠近法崩れまくった発展途上な絵も趣があって面白かったです。
展示替えの関係で見たくても見れない絵が何枚かありましたが、私のスケジュールがきまったあとに展示替え期間のリストが出てきたので、こればっかりはしょうがないですね。

これはひとりごとですが浮世絵とか生活にしみついてなんとも思っていない神道行事とかに興味が湧いていて、自分の中で勝手に起き始めたブームなんだと思っていましたが本屋に行く旅ににっぽんの神様を紹介する書籍とかみかけるのでたぶん流行りなんでしょうね。それともそのカテゴリのチャンネルが芽生え出したから流行っているようにみえるのだろうか。この際どっちでもいいけれど八百万神々の概念とか結構好きです。

総評としては、見に行って良かったです。北海道にも奇跡おきて巡回で来たりしないかなあ。

1403261.jpg
1403262.jpg
1403263.jpg
話をまとめづらいのでここまで話題にだしませんでしたがツイッターでフォローしてる聖さんと半日あそぶというイベントもあったのでした。浮世絵展もつきあってくれてウマいごはん屋にも連れてってくれてスケブも描いてくれました。わたくしはあんまりサラサラかけないのでズタズタなものをよこしました…かたじけない。ひじりさんたいへんお世話になりました。時間を割いてくれてどうもありがとうございます。


あ、泊まった先はカプセルホテルです。これもまた初めてだったのですがすさまじかった。共通の廊下と布一枚ってこんなに不安なのか。狭いところも平気だし、わりとスムーズに寝つけたんですけど、とにかく体に力入りながら寝ていたのであまり快眠ではなかったです。周りの客も心なしか死んだ目をしているように見えて怖かった。だから自分ちのお布団が最高だって何度も言っているだろうが。

1403264.jpg
貧乏旅行とか言ってるけどまあまあ良い物を食べる時もありました。おいしかったです。塩ラーメンを評価するチャンネルがないので偏差値的においしいかどうかはよくわからない。

1403266.jpg
1403267.jpg
帰りは恐ろしく天気がよかったです。道外は。
使う飛行機が遅延したり燃料追加でいれるのに時間かかるから一回降りてとか言われたりで、予定より帰ってくるのが一時間くらい遅くなりました。こんなこともあるんだ~とおもいながらぼんやりしていました。運が悪かったんだわ。
燃料追加するだけあって千歳が近くなるにつれて嫌がらせのごとくあつい雲がかかっていてそれをおもしろがって飛行機からながめていました。欠航している飛行機もあったのでよく無事に帰ってこれたな~ってかんじです。


一人旅とてもおもしろかったです。なんににも時間に縛られなくてものすごく自由でした。こういう調子で学生が終わるまでにあともう一回くらいどこかに行きたいと思っています。プロレス見に闘いの殿堂な後楽園ホール行くでも可。伏見稲荷大社見にいってお決まりの構図の写真撮りに行くのも可。原点回帰でどこだかのオタクイベントに遠征するのも可。なんだっていいんですけどおバイト探して社会復帰してキリキリ働こうとおもいます。前から言っているように自転車もほしいしな。
家に帰ってきたら財布に150円しかはいってなかったです。
真のボンビー生活は、ここからはじまる。

Comment

もなか | URL | 2014.03.28 21:19
モナカ先生の次回作にご期待くださいませ…………
ひじり | URL | 2014.03.28 12:12 | Edit
生きて
Comment Form
公開設定

@Profile

サイゴウモナカ

Author:サイゴウモナカ
てめえのことばかりかんがえている

@Archive
@Link
十進法バナー(レミリア)
@Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。